読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる石を止める

暗黒企業に当たりまくった20代鬼女の復活目録

訓練校に応募しようかな・・・oh…


という事で数える程度しか選ぶ余地のなかった職業訓練校に応募することにしてみました。

だがしかし、通う学校の見学は2月中。応募締切は月末だとか3月初日消印有効なんかでありクビ決定ながらも就業中の身としては厳しいものです。

そんな中で志望理由とかも全くの異業種なのに練らなきゃだしね・・・_(:3 」∠)_

でも母から(先日クビ決定の件を告げた際大喧嘩となった)良い言葉?を貰いました。

「当たり前だけどみんな好きなことを仕事にしたり飯の種にしてるわけじゃないんだよね。
私だって調理師免許を持って料亭で働いたりしたけど偶然それが物凄く苦手だったり合わなかった訳じゃないからなんだよね。
むしろある程度の距離感があった方が長く続けられるのかもね」

ちなみに母は長年調理関係の仕事に従事してましたがちょっと体を壊し今は離れてます。

そしてそんな母は帰省すると手料理なんて作らないのです。日高屋に連れてってくれます。
すげーこれが距離感・・・(違)